経営レポート

個性的な経営者のために、髙野経営労務事務所がお届けする
マネージメントレポートをご紹介します。

マネジメントレポートは、経営者の皆様が『より元気に!』『より個性的に!』そして、『より自由に!』ビジネス活動を行うための情報や経営現場の事例をご提供しています!

 

当ホームページを通じてお知り合いになった皆様と企業発展についてご一緒に考えるきっかけとなれば幸いです。

Vol.229
今だからこそ解決可能な“緊急経営課題”が
従業員間の“繁閑の差”から見つかった

◇◆◇従来の“当たり前”を疑うべき時・・・◇◆◇

 

概要
同じオフィス内でも、各担当者の“忙しさ”に差が出るのは、珍しいことではないでしょう。しかも、無駄なことをしていないか、という厳しい目で捉えるなら、その“繁閑”差の実態は、更に大きくなるかも知れません。

しかし、“担当制”が明確に機能している限り、他の担当が忙しくても暇でも、あまり関知しないのが、普通かも知れないのです。

人不足の上に、大きなビジネス環境変化で“すべきこと”ばかりが増える中では、こうした“当たり前感覚”の見直しから着手する必要がありそうなのです。しかもその見直しは、担当制の抜本的改革に至らない場合でも“始めてみた”だけで、一定の効果を期待できるものでもありそうなのです。

詳しくは、マネジメント・レポートでご確認ください。ご希望の方には、標記の“レポート”を差し上げています。ご一報ください。

経営レポートの申し込みはこちら