経営レポート

個性的な経営者のために、髙野経営労務事務所がお届けする
マネージメントレポートをご紹介します。

新作マネジメント・レポートのお知らせ

レポートナンバー及びタイトル
Vol.244
単なるデータ分析的な視点を超えた
事業成果に直結する“労働生産性”の実像
◇◆◇『労働生産性って何?』と自問した経営者の発見 ◇◆◇

概要
労働生産性は、それを一定の計算法で統計化した上で、高いとか低いとかが問題にされます。そして、日本の労働生産性の低さ故に、今日では労働生産性向上が、経済ひいては企業経営の重要課題になったとも言われるのです。

ただ、そんな指摘に応答する前に、『そもそも労働生産性とは何なのか』と、根本的な疑問を持ち、自ら考え始めた経営者がおられます。すると、生産性の“本性”のようなものに迫ろうとすればするほど、統計数値ではなく、その“本性部分”の方は、確かに“今後の事業成果実現”に影響を及ぼすように思えて来たと言われるのです。

では、その経営者が見つけた生産性の“本性”とは、どのようなものなのでしょうか。そして、それがどう成果実現に役立つのでしょう。

詳しくはマネジメント・レポートを、ご用意いたしました。ご希望の方には、標記の“レポート”を差し上げています。ご遠慮なく、お問い合わせください。

経営レポートの申し込みはこちら